FC2ブログ

2008'04.23 (Wed)

アカデミー

アップしました。
だいぶ前にBS2で受賞式見たんだけど
受賞式ってこんなに早足だっけ?ってぐらい
進行めっちゃ焦ってた感があった。
ダイジェストだとしても淡白すぎるのでは?
ここ最近は
レンタルだけど作品賞は借りて観てて
クラッシュ ディパーテッド と続けて観ていて
詳しい感想は確か観た時この日記に書いたと思うから省略するとして
クラッシュの時は
これは映画不況と言われても仕方ないよ、だってこれテレビドラマの手法だものと思
ったし
今となってはディパーテッドも
今年コーエン兄弟に賞とらす伏線だった様な気がして
クライムムービーと言うの?この手のモノが流行りなんだな~と。
直球の感動ものが最近賞とらなくなったのは
流行なのか
観てる人の目が肥えたのか
もはやステレオタイプの感動モノがリアリティを失う時代になったのか
どれかは分からないけど決して悪くない風潮だなと思う。
泣ける映画と唄ったお寒いメロドラマで客集めができるとしたら
映画文化として終わってるだろーと。
で、目に見えないけど
確実にそれがうける時代じゃなくなっていくのが
単純に嬉しいです。
淀川長治さんじゃないけど
もっと映画をみなさい!
って最近観ても観ても新しい発見があって面白いのです。
小さなヒントも沢山あるよ。
そういえば主演女優賞、2作目じゃなかったらケイト・ブランシェットがとったのだ
ろうか?
確かに圧巻。大画面で観たい。
エディット・ピアフも結構良い映画だったよ。
レイの時からだと思うけどアカデミー賞ってそっくり!な演技した人にオスカーが渡
るよね。
確かに うーん、似てるし、色んな時代を演じ分けているけど
エリザベスの迫力は凄いよ~
さぁ引き続きコーエン兄弟の映画観てみようかな~
あっあとアルモドバル監督の映画も気になるんだよ。ボルベールとバッド・エデュケ
イションを観たら他のも観たくなった。
スポンサーサイト



20:50  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'04.23 (Wed)

映画のお勉強

今更なんだけど
コーエン兄弟の映画を勉強しようと思う。
レディ・キラーズ位しか観たことなかった。
レディ・キラーズは出来すぎてて何か突っ込みたくなるよな映画だったけど。
まずはファーゴから観てみた。
まだ観始めたばっかりだから他のがどうかだけど
要するに
現代のフィルム・ノワールを撮ってる訳だね!
しかも魅力的とはちょっと言い難いファム・ファタールの存在!
皮肉もたっぷり効かせて
音楽は仰々しく、
でもクライマックスに入ってようやくこの映画が分かる。
人生の愚かしさやおかしさ。
笑えないけど笑うしかない人間ドラマ。
ただのノワール調ではなくて若いというよりは確かな現代の感覚。過激で狂気的と言
ってしまえば終わりなんだけど、
突飛な情景を突飛に描いて上から見下ろす訳ではなくて
これはやりすぎだけど分かるなぁと思わせるあたりが評価される所以なのかしら。
面白かったです。賛否が分かれるのもアリでしょう。
ある意味やっぱ注目されるだけあって
ハリウッドの才能の一つでしょう。
次は何観よう~
ノー・カントリーの前の復習
というかもう公開されてる?よね?
次はアカデミー賞についてアップします。
20:00  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |