FC2ブログ

2008'09.12 (Fri)

何かやりきれんくなった

どうにも出来ないがやり切れないことってあるよね…
今日面接に行ったよ。面接の前に時間があったので
朝から贅沢にも健康ランドに行きまして、
昼食食べていたのですが、食堂で食べてる人を見渡すと
一人で座ってるじいちゃんばあちゃんばっかり…
独り暮らしでお昼食べに来てお風呂入るの…?
無性に切なーーくなった。
ホームの方が食べに来てるならもっと切ない。。。
石破さんの物言いは少し感情的で支持にはつながりにくいと私は思うけど
言ってること…大袈裟ではない。

本題はそこではなくて。
私が新卒として初めて入社をした某会社ですが…
地元の中小企業連合みたいなやつに入っているからか
中小企業の社長間ではとても有名で
伸び続けている企業として評判も良い。
労働者間では、ああーあそこ、大変らしいねぇ と評判は良くない。
つまり労働者にとって辛い職場なのです。
今日面接行った所の経営者が知っておられて 経営者間では評判良いし、
何故辞めたの?という面接項目で ちょっと腑に落ちない感じがありました。
外から見た評判が未だに良いことに、矛盾を感じるというか。

新卒の時は誰でも20人ぐらいいた。
しかし私が入った時1つ上の先輩は10人足らずだったよ。
気付いたら先輩は4人になってた。
会社人はすべて自己責任というのも、仕事の管理をすることも、理解しておりました。
でもやっぱり…6時に押したタイムカードを22時に横目で見て帰るのは…仕事の終わらない自己責任のひとことでは片付かない。
前任の、私の上司になるはずだった人が倒れてそれきり二度と来なかったのも
営業会議が17時から日付変わった2時まで行われる過酷な営業体制の中
バタバタ倒れる営業マン、勤務不能になった3人と自分で辞めていった2人…
同僚の女の子だって食事出来なくなったり、髪が抜けてしまったり…
一体何人の若い、前途ある人間を傷つけて、未来を奪うマネをして…
決して今時の若者は…なんて揶揄される人たちではないよ、私の目から見て良い先輩だなぁと憧れるような人たちが潰れていく様。
そんな現場を見てしまったものだから
私だってトラウマから立ち直るのに時間を要したし。
だから未だに、求人サイトの社員募集にもうとっくに辞めた先輩のコメントを載せるのも衝撃だけども。
成長企業!魅力的な企業!の看板を掲げて新しい若い芽をまた摘んでいくことは…
どうか、なきようにと願うばかりです。
もう数年経ってるし…改善されてると思いたい!
良き年でアルバイト生活している元同僚を何人も見ている。
会社が人を壊すこともあるのだからね、会社の実状を知り、どうしても自分にはお手上げの場合は
自分を守ることも必要と思う。
それが責められることなら、労働者って人じゃないのねって話になってしまうから。
だからあんな伸びてる良い会社を何で辞めたのという質問は、分かっちゃいるけど言われると返せねーのです。
以前の会社を何故辞めたの、なら返せますし返せたから食いつないで来れたんだけどさ…
やはり一度トラウマになったことのあるモノに触れるのは難しい。
感謝してないワケではないのよ…
でも思考をそうゆう風にしちゃうことは
もっともっと走らなきゃ!出来ない自分は猛烈反省!出来るまで!人の上に立つ人間に!!
ってしちゃうことは
私には 倫理というものに反する気がして、今振り返ると改めて凄く怖い。
あっ
今日の面接まで忘れてたってことは
きっと今までが充実してたのかな。事務したい!とかそんなことすら
分からなかった時期、考えられなかった時期がある。
今はちゃんと前向きで幸せです。゜+。(*′∇`)。+゜
スポンサーサイト



01:15  |  お仕事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sarusasarusa.blog74.fc2.com/tb.php/144-a52f7ab6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |